マイホームを設計するためのステップとは?

お家を設計する際、ほとんどの人が建設業者のために建築士と協力して設計図を作成しています。

建築士はプロジェクトに関して豊富な専門知識と見識を持っています。何が可能で何が不可能かよく理解しているため、クライエントの設計に問題点があればすぐに指摘できることでしょう。

建築士を雇うか雇わないかに関わらず、以下の概略は理想的な設計図の作成やスムーズなコミュニケーションに役立つはずです。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 予算を設定する

これはお家を設計するにあたって、決して楽しいプロセスではないかもしれません。しかしすべての選択は予算に影響されるため非常に重要なポイントです。注文住宅の設計は高額になる可能性があります。設計の段階で、リストの項目の中の何が本当に必要で何が削れるのか、しっかりと検討するようにしましょう。

予期せぬ問題が起きた時のために、予算を別に取っておくことをすすめします。すべてが計画通りにいくとは限りません。土壇場で予算オーバーにならないように、余裕のあるプラン設定をおすすめします。

  1. 場所を選ぶ

家の設計を始める前に、まずしなければならないのは場所選びです。インテリアデザインは家がどのような場所に、どの方角に向けて建てられているのかによって変わってきます。例えば窓の方角によって、光が入りやすい部屋とそうではない部屋があります。どの部屋をどこに配置するか決定するうえで、方角は重要なポイントになるでしょう。

地域の建設規制についてよく調べてから設計してください。家を建てる場所や方法に規制があるかもしれません。また省エネについても考慮することをおすすめします。寒い地域にお住いの場合、直射日光は光熱費の削減になります。逆に暑い地域の場合はお家が影の中にあればより涼しく過ごせるはずです。

  1. ライフスタイルに合わせて設計する

注文住宅の利点の 1 つは自分のライフスタイルに合ったお家を手に入れられることです。どんなお家が自分に合っているか、ぜひしっかりと分析してください。

  1. デザインを決定する

この時点ですべてを決定する必要はありませんが、どんなデザインにするか大体のコンセプトは持っておくべきです。クラッシクなデザインと現代的なデザイン、どちらがお好みですか?クラッシクなデザインの家はレンガ、木、スタッコ、または石で作られた切妻と先のとがった高い屋根が特徴的です。窓は小さめで明るいカラーが使われていることが多いようです。

現代的な家は落ち着いたカラー、大きめの窓、スッキリとしたラインを用いて設計されています。強化鋼やコンクリートなどが主な材料です。昔ながらの典型的な家は目的別に部屋が分割されています。それと比べて現代的な家は壁が少なく、多目的に使えるスペースなどフレキシブルでオープンな間取りが特徴的です。

  1. 設計計画書を準備する

建築士と協力して家を設計する場合、設計計画書を準備する必要があります。設計計画書とは建築に関する要望や基準などの概略が記載された書類です。情報が多ければ多いほど、建築家はより理想に近い家作りのお手伝いをすることができるようになります。

上記のステップを参考にすれば、余分な手間は大分省けるはずです。最終的な設計図が希望通りであるかどうか、しっかり確認するようにしましょう。