植田ラティス 小淵沢ラティス
ギフト&ブライダルギフト ホールセール・卸売りについて お問い合わせ メールマガジン登録・解除 オンラインショッピング
スタッフブログ

■ おいしい紅茶の入れ方 〜 おうちでティータイム♪

「紅茶は好き!でも、正しい入れ方はよくわからない・・・」
という方も多いのでは?
正しい入れ方をすると、紅茶はさらに美味しくなります。
いつもなんとなく入れてしまっている・・・という方、
ぜひお試しくださいね

【用意するもの】 

・紅茶の葉・ティーカップ・ティーポット・ティーストレーナー(茶こし)
・砂時計(時計)・キャディスプーン(ティースプーン)

【入れ方】

(手順1)

くみたての新鮮な水を沸かします。使用するのはミネラルウォーターなどよりも、水道水がベスト。写真のように、ボコボコと泡がたつくらいに沸騰させてくださいね。

(手順2)

入れたあとの紅茶が冷めにくいよう、ティーポットとカップはあらかじめお湯を入れて温めておきます。 このひと手間が、おいしい紅茶を長く楽しむポイント!

(手順3)

温めておいたポットのお湯を捨ててから、茶葉を計って入れます。一杯あたりの分量は茶葉にもよりますが、キャディスプーンに細かい葉ならすり切り一杯、大きい葉なら山盛り一杯(2.5g〜3g)がおおよその目安。

(手順4)

茶葉を入れたポットに、沸騰したお湯を注ぎます。お湯の分量は、キャディスプーン一杯の茶葉につき180ccが目安。 少し高い位置から、ちょっぴり乱暴なくらい思いきり注ぐのがコツ。こうすることで、茶葉の美味しさがよく引き出されます。

(手順5)

お湯を注いだら、すぐにポットの蓋をして蒸らします。

細かい葉なら約2分、大きい葉なら約3分が目安。
ミルクティの場合は、細かい葉は3分、大きい葉は4分が目安です。
どちらかよくわからないときは、購入するお店のスタッフに聞いてみてね。

蒸らしている間のポット

お茶がお湯の中で泳いでいる様子がわかります。 この対流が、紅茶の美味しさをじわじわと引き出すのです。

(手順6)

蒸らし時間が終わったら、ポットの蓋を取りスプーンでそっと一回かき混ぜます。 そしてティーストレーナーでこしながら、各ティーカップの濃さと分量が均等になるように回し注ぎます。

(手順7)

おいしい紅茶のできあがりです!
お気に入りのお菓子とともに召し上がれ♪

もしミルクティーにする場合は、室温の牛乳を使ってね。温めた牛乳は紅茶の香りを邪魔してしまうのです。

(c)  Impact co,ltd. 株式会社インパクト 店舗デザイン・設計&商品企画・店舗運営